歯磨きの大切さを知る

人が歯を失う8割以上は虫歯と歯周病が原因と言われています。

このお口の中の病気は、口腔内の細菌やプラーク(歯垢)によって生産される「酸」や「毒素」が虫歯や歯周病を発症させる原因となっております。まず原因である細菌・プラーク(歯垢)を除去することが重要になります。プラーク(歯垢)はただの食べカス(食渣)ではなく、細菌の塊なのです。歯磨きの目的として、重要な二つの要素は「プラークをとる」「歯茎のマッサージ」です。プラーク(歯垢)をとれば虫歯や歯周病や歯槽膿漏を予防し、歯茎のマッサージで歯茎の血行を良くし、細菌などに対する抵抗力を強化していきます。

また、高齢者の方には、歯磨きから口の中を清潔に保つことで、肺炎などの原因となる「誤嚥性肺炎」の予防にも繋がっていきます。歯を磨いた後で、舌で歯を舐めてみて下さい。歯の表面がツルツルしていれば良く磨けているという合図です。高齢者の方も、より歯磨きを丁寧に行うように致しましょう。

歯磨きをきちんと正しい磨き方で行っていくことで、細菌の数を減らせ、虫歯や歯周病などのお口の中の病気を予防することができるのです。

入れ歯の歯磨きで知っておかなければならないこと

入れ歯を通常の歯磨き粉を付けて、歯ブラシでゴシゴシ磨くのはやめましょう。
入れ歯の歯は、人の歯よりも柔らかい素材で出来ております。そのため通常の歯磨き粉をつけて、ブラッシングをしてしまうと、歯磨き粉の中に含まれている研磨剤が入れ歯の表面を傷つけてしまい、汚れや匂いを付着しやすくなってしまいます。すでに、通常の歯磨き粉で磨いてしまっている方は、入れ歯専門の歯科医院に行き入れ歯を見てもらいましょう。 入れ歯専門の歯科医院のハイライフグループに所属している歯科医院は、そのようなケースより多くご対応しており、素早く適切な他応が頂けます。

犬の歯

犬も人間と同様に、歯周病になったり、歯垢(プラーク)が溜まったりします。動物は歯磨きしなくても大丈夫だろう、という考えはいけません。動物も人間と一緒で、小さい時に少しずつ歯磨きを覚えさせていき、大人になった頃には、歯磨きが習慣になっているという状況が好ましいです。犬の口臭も歯磨きを行っていくことで、軽減できることも可能です。愛犬の健康を維持する為にも、歯磨きはしっかりとして行きましょう。
赤ちゃんと幼児の歯磨きの仕方
入れ歯の磨き方


インプラントのお手入れはとても大変ですが、しっかりとケアすれば何も問題はありません。お通いの歯科医院への定期的なメンテナンスももちろん大事ですが、最も重要で怠ってはならないことは、毎日のご自身による歯磨きとお手入れです。日々のお手入れを行っていなければ、歯科医院での定期的メンテナンスでもどうしようも出来なくなる場合が出てきます。定期検診を受けていれば大丈夫。と思わずに日々のお手入れの仕方も歯科医院でしっかりと伝授し行うことが最善です。この2つのことをしっかり行っていれば、3ヶ月や6ヶ月ごとの歯科医院でのプロによるチェックとメンテナンスを行えば、口腔内やインプラントをしっかり良い状態に保つことが可能です。インプラントだけに留まらず、他に残っているご自身の歯も健康に保つ事が可能です。